California Trip Report

2014 WINTER | DAY 2

  • DAY 2
  • DEC. 12
  • [ FRI ]

朝7時半。ベッド代わりのソファで目覚める。2回ほど夜中にBruceが泣いた記憶があったが、気にすることなくいつの間にか寝てしまった。

外は雨。Mikeの予想通りストーミーコンディション。Danがコーヒーを淹れてくれた。

奥さんのAbiは遅くまでテストの勉強をしていたので、まだ眠りについている。雨の中、Danと二人で創業1926年のEncinitas Cafeへ。Danがさかんにぼくの日本での状況を気にしてくれる。食事中も話はビジネスのこと。いろいろなアイディアやアドバイスをくれる。

きっと今は彼にとって一番アブラが乗っている時期。ビジネスに興味を持っていて、僕をヘルプしたい気持ちが強いのだと感じた。実際アメリカと日本のインターネット活用の認識の違いもよくわかり、とても勉強になり、僕にとって刺激にもなった。

食事が終わり、高台からSwami'sをチェック。No way...

一度、家にもどり、DanのiBookを見ながらビジネスミーティング。Glassy Menpitaの改良点をDanが指摘。ガイジンはストレートに自分の意見を言ってくれるので、わかりやすい。少しずつ僕の頭の中も変化してきたかもしれない。

AbiはBruceをスクールに、Danは仕事に行ってしまった。広い家でひとり作戦会議…決まった、Go South!

フリーウェイ5から805へ。山を越えるごとにめまぐるしく天気が変わる。University Blvd.で下りる。行きたい方向と逆に進み、メキシコ系の街に迷い込む。でもなかなか古い建物から味が出ていて興味深い。

一度クルマを停めて、Google Mapで確認する。やっぱり逆に来てるよ…(笑)また来た道を折り返す。

フリーウェイを境に街の風景が一変した。Old Town The North Park。初めて訪れる街だ。エセではなく本当に古い街並み。スリフトショップ、ダイナー、ランドリー…
ランドリーにレトロなステッカーが貼ってあったので、写真を撮る。

そとでタバコを吸っていた男性がいきなり英語で話し始めた。

「このステッカーは高いぞ。なんたってうちは1950年からランドリーショップを営んでいるんだ。そして何と言ってもドライブスルーがセールスポイントさ。」

そういって店の中に消えていった。クリーニング屋さんのドライブスルーか。なんだかアメリカらしくて、ひとりでにやけてしまった。

サーフ系セレクトショップのALOHA SUNDAYがあった。店内に突入する。奥行があって、天井も高く気持ちの良い空間。

クロージングに限らずキャンドルやアクセサリー、書籍なども置いてなかなかいい演出。店員さんもかっこよくイケメン。記念にプリントTシャツをゲット。

それから街をブラブラ。運良く雨に降られず車へ戻る。お腹が空いたね。Pacific Beachに行こうっと。そう、TACO SURF。

約20分でつくはずが、道を間違えたのと雨渋滞で1時間を要した。Flied Fish ブリトーをオーダー。テーブルに着き、ひとりで無言で食べていると、急にEikoさんといつも来ていた頃を思い出して悲しくなった。

早食いして店をあとにして、Pacific Beachとフェヴァリットポイントをチェック。雨は上がったものの、ビッグスウェルが押し寄せてハードなコンディション。

コンディションが理解できないのか、5人ほどのKook達がうれしそうに着替えてる。その脇にはスポンジのロングボード(笑)ここのヌシのStivieも苦笑い。その顛末を見届ける前に移動する。

徐々にDanの家に近づくように北へ戻る。時刻は夕方4時。サーフショップをチェックしたり、Patagoniaを訪れたり。

Patagoniaでは、Pacific Beachでよく会う女性がスタッフとして働いていた。Eikoさんも知っている彼女はひどく悲しんだ。ふと店の外を見てみると、サンセットがきれいで思わずシャッターを押した。

わずかに見える海はすでにクリーンで、波のサイズも落ち着きをみせていた。このぶんだとSwami'sはもっとキレイだと思い、すぐに移動する。しかし時すでに遅く、闇が支配する寸前だった。慌てて写真を撮る。いい写真が撮れただろうか。

これで今日の探索は終了。Danと約束した5時半ちょうどに無事帰宅。それからDanのファミリーと4人でEncinitasの街で一番のイタリアンレストランへ。

美味しいパスタを食べながら、Bruceをからかう。子供の成長は早いものだ。そのぶん自分は年を取っているのだ。

家に戻り、みんなとリビングでくつろぐ。いい生活だ。Danは素晴らしい家族と仕事を手に入れた。18だった青年はこれからどこに向かうのだろう。さあ、明日はLindaさんと会う日だ。

Shots of The day

  • 2014 Winter California trip
  • 2014 Winter California trip
  • 2014 Winter California trip
  • 2014 Winter California trip
  • 2014 Winter California trip
  • 2014 Winter California trip
  • 2014 Winter California trip
  • 2014 Winter California trip
  • 2014 Winter California trip
  • 2014 Winter California trip
  • 2014 Winter California trip
  • 2014 Winter California trip
  • 2014 Winter California trip
  • 2014 Winter California trip
  • 2014 Winter California trip
  • 2014 Winter California trip
  • 2014 Winter California trip
  • 2014 Winter California trip
  • 2014 Winter California trip
  • 2014 Winter California trip
  • 2014 Winter California trip
  • 2014 Winter California trip
  • 2014 Winter California trip
  • 2014 Winter California trip
  • 2014 Winter California trip