California Trip Report

2014 WINTER | DAY 1

  • DAY 1
  • DEC. 11
  • [ THU ]

5:30にタローを実家に預ける。その後納豆ご飯の朝食。9:00すぎに事務所。準備の最終チェック。事務所を簡単に整理。昼食はセブンイレブンでのり弁。

12:30に出発。ナビは14時すぎに成田空港到着予定を知らせる。久しぶりにいつも千葉北~鹿島に行くルートで大井南を目指し、湾岸線に乗る。

順調に東関東自動車道に合流し、14時をまわった頃に成田のジャンクションが近づく。第2ターミナルのゲートでチェックを受け、JALの入口へ。予約していた駐車場のスタッフがぼくのクルマを受け取りにくる。入口での受け渡しなのでラクチンだ。

今回は初めての日本航空JAL。チェックインカウンターは並ぶことなく、ストレスなし。やはり日本の航空会社は精神的にラクで緊張感に欠ける。

そして今回は安いWIFIルーターをレンタルしたので、所定の受渡し所でルーターを受け取る。はたして使えるのかどうか複雑な期待感。

5分でチェックインを済ませ、向こうで会う方たちの簡単なお土産を購入。そして恒例の食事&ビアー。今回もよろしくねと、心の中でEikoさんにつぶやく。

ブラブラして、早めにイミグレーションを通過する。そして搭乗を待つ。

機内に入り、あらかじめリクエストしてあった通路側のシートに腰を落ち着ける。ほどなくして、今日は気流が悪い時間が長いかもしれないというアナウンスメントがされた。不安ではないが、先にトイレに行っておこう。

離陸して間もなく、機体の揺れが始まる。食事の給仕ができないほどの揺れ。とりあえずEBISUビールでのどをうるおす。映画をとりあえず3本。途中食事も無事出され、あっという間に時間が過ぎる。

画面で今の運航状況をチェック。あと一時間半後に着陸予定。と同時にまたかなりの揺れ。この先の天気の不安を予感させる。朝の9時半頃ランディングをすませたJL62便からLAXに降り立ち、イミグレーションへ。

最初の審査が機械化されて、簡単になった…長蛇の列もなくなり、あっという間にWelcometo Los Angeles!

ミニヴァンをレンタルした僕は、Fujiさんに会ってウェットスーツの採寸をした後、サーフボードをピックアップするため、MAXWAYへ。Mikeとしばし歓談。いつしかTylerの話になり、El Segundoの彼のショップに行こうという話になる。

僕とEikoさんとTylerとの付き合いも長く、そして彼はいつも僕らにフレンドリーに接してくれた…

だから話しているうちに、彼のハンドクラフトのボードを欲しいと思った。そしていつの間にか、目の前にはオーダーシートが(笑)。

あまり長居はできない。冬のカリフォルニアの1日も短い。Encinitasを目指そう。

フリーウェイ405を走る。夕方の渋滞はひどく、時差ボケの強烈な睡魔に襲われる。ラジオのボリュームに上げて踏ん張る。

San Onofreを過ぎてから車の流れがスムーズになったが、レストエリアで休憩をはさむ。リフレッシュ。もう大丈夫だ。

Danの家に着いたのは6時半。Danと奥さんのAbiの笑顔が迎えてくれた。彼らは本当の家族。心が安らぎ、ほっとする。

Danがタイ料理の美味しいお店を予約してくれた。Solana Beachに向かう。Danとふたりで再会をかみしめる。You are our son.

本当に美味しい料理だった。Danにごちそうになる。いままで僕たちに世話になったのでと、Danはその恩返しだという。ありがたくお礼をいう。

Abiは仕事絡みのテストがあり、その勉強中。僕もかなり眠くなり、シャワーを浴びてたらバタンキュー。今日はここで意識をなくす。

Shots of The day

  • 2014 Winter California trip
  • 2014 Winter California trip
  • 2014 Winter California trip
  • 2014 Winter California trip
  • 2014 Winter California trip
  • 2014 Winter California trip