heads
california trip
2013 ealy summer

  • day
    6
  • 9 june 2013

朝6時起床。寝ぼけ眼で部屋のドアを開けてみる。

やっぱりカリフォルニアの朝はドンヨリしてる。でもこの方が良い。朝から晴れてると、Rose Bowlだと熱中症になっちゃう。

サクッと着替えて、クルマに乗り込む。モテルのフロントでブルーベリーマフィンとホットコーヒー、それにオレンジジュースをゲットし、出発!

いつものようにP.C.H.を南に走り、110ハーバーフリーウェイに乗り込む。北に走る。405、105、10と横切ってゆく。そうすると、ダウンタウンのビル群が見えてくる。見慣れた景色。

ダウンタウンはあまり好きじゃない。あまり探索したことがないからかもしれないが、昔から治安が悪いっていうイメージがつきまとうので。今はそうでもないんだろうけど。

やがて110はクネクネとした道になり、アローヨ・セコ・パークウェイと名前を変える。オレンジ・グローブで降りるのが昔からのRose Bowelへの行き方。カリフォルニアの師匠のKAZさんに教えてもらったんだ。

パサデナの閑静な住宅街。空いている道路。木立のなかを低速で移動するのが好き。134を下に見ながら左折し、下り坂を疾走する。ほどなくするとRose Bowelスタジアムの全貌が眼下に現れる。

パーキングスペースにクルマを停めて、車内のものが見えないように、ブランケットでおおう。長年愛用しているDAKINEのバックパックを背負い、中にはエキストラの大きなビニール袋を詰める。

クルマのドアがロックされたことを確認し、スタジアムに向う。まだ雲が多く、気温が上がっていない。チケットを購入し、アンティックエリアへ急ぐ。

すでに日本の古着屋さんがくわえ煙草で闊歩する。これでいきなりカリフォルニア気分が台無しになる。お気に入りのブースに直行する途中で、無造作に目についたものを直感的にさがす。

得てしてこの作戦が功を奏し、お宝を発見することがある。きっと視野を広く持って、リラックスしているからだろう。てな感じでDanのブースに到着する前に、案の定ご機嫌なものを何点かゲットしてしまった。

サンディエゴから来ているDanと再会。会えば、決まってサンディエゴの波のことと、ぼくの今回の波自慢から話が始まる。

古着は有限だ。Danのネタも少しずつイイものがなくなってきているような気がする。

でもDanは、大量の古着の山から自分のメガネに合ったものをひとつずつピックアップし、このRose Bowelのために集めてくる。

気の遠くなるような作業を繰り返して、自分の糧としている。だからぼくはフリ−マーケットといえども、むやみに値は叩けない。彼らの作業を知っているから。そんなぼくにDanは必ず、最後の会計では安くしてくれていることを、ぼくは知っている。ありがとう、Dan。

さあ、次のブースへ。気の遠くなるような何千枚とある大量なTシャツを1枚1枚チェックし、BO SPORTのサンプルになるようなものをピックアップしていく。

この手のブースは比較的プライスが安い。客が手間ひまかかるのを知っているので、その分安くしている。結局、このブースで正味2時間、Tシャツと格闘し、15枚をゲットした。

気がつけばBlue Sky、太陽ギラギラである。おっ、久しぶりにWさんに会う。いまは卸しもお店もやめて、次のステップを考えているという。Wさんとは良くカリフォルニアで会った。5〜6年ぶりか。

いました、いましたKAZさん。師匠は知人の方のブースのヘルプをしていた。あいかわらず、大きい眼をギョロギョロさせて元気なようだ。

「今回はひとり?Eikoさん、調子はどう?」お互いの近況を報告し合う。

KAZさんと出会わなければヘッズはなかった。まさに運命の人。KAZさん、またふたりで遊びにきます!ありがとうございます。

なんだかんだでエキストラの袋もパンパンになった。さあ、大好きなBBQのホットドッグとレモネードにありつこう。

いや〜、レモネード最高! ひと休みしたところで、メインエリアに足を運ぶ。

この時点で集中力は散漫になり、すでに見流している。気温も急上昇。退散します。

日曜日のフリーウェイは昼すぎでも比較的空いていて、モテルまでは1時間で戻ることができた。部屋でひと休みして古着をチェック。ふむふむ。

さあ次は近場をゆったりとチェックしよう。P.C.H.を北に向かう。Hermosa BeachのJack’s Surf ShopとVans Shopをチェック。Jack’s の昔からのロゴTとVansでは新作のAuthenticをゲット。

Jack’sのTシャツTHE GOLDEN STATEで絶賛発売中。残りわずかです。

それからふだん通らない道をわざと使って、今までと違う景色を楽しむ。Hermosa Beach付近はP.C.H.の東側は急な上り坂になっている。その上り坂を上がり、Hermosa Beachを眺める。もう時刻は夕方4時を回ってしまった。

夕食の買い出しはWhole FoodsとTrader Joe’sと決めていた。明日の夕食は取引先と会食なので、今日はひとり豪勢にタラバガニの足を1本、夕食に添えよう。

日曜日のモテルは比較的、チェックアウトする客が多いのかパークしているクルマも少なくなる。今回のトリップを回想しながら、部屋を出て回廊でビールを1本飲み干す。

さあ、明日は最終日。どんな出会いが待っているのだろう。

trip shots

  • California Surf Trip 2013 Early Summer Photo
  • California Surf Trip 2013 Early Summer Photo
  • California Surf Trip 2013 Early Summer Photo
  • California Surf Trip 2013 Early Summer Photo
  • California Surf Trip 2013 Early Summer Photo
  • California Surf Trip 2013 Early Summer Photo
  • California Surf Trip 2013 Early Summer Photo
  • California Surf Trip 2013 Early Summer Photo
  • California Surf Trip 2013 Early Summer Photo
  • California Surf Trip 2013 Early Summer Photo
  • California Surf Trip 2013 Early Summer Photo
  • California Surf Trip 2013 Early Summer Photo
  • California Surf Trip 2013 Early Summer Photo
  • California Surf Trip 2013 Early Summer Photo
  • California Surf Trip 2013 Early Summer Photo
  • California Surf Trip 2013 Early Summer Photo
  • California Surf Trip 2013 Early Summer Photo
  • California Surf Trip 2013 Early Summer Photo
  • California Surf Trip 2013 Early Summer Photo

This journal is presented by

  • Glassy Menpita Website by Heads
  • Golden State by Heads