heads
california trip
2013 ealy summer

  • day
    5
  • 8 june 2013

朝6時起床。だんだんと時差ボケがなくなり、朝起きるのがつらくなってきた。さあ今日のPalos Verdesのコンディションはどうだろう。

7時にFさんとポイントで待ち合わせ。すでにFさんは来ていた。崖の上から波をチェック。5人ほどのサーファーがレフトブレイクを堪能している。Glassy Menpitaの腰〜腹と言ったところか。

このポイントに入るのも10年ぶりくらいである。舗装された坂を下って、海に平行したデコボコ道を歩く。このポイントはピークはリーフでインサイドはサンドになっている。その昔はこのポイントのすぐ左にピアがあったそうだ。

僕はDAVE SWEET 9'8" Single fin、かたやFさんは6'5" トライフィン。Fさんは56歳、ぼく53歳。Fさんforever young...

二人ともグーフィーなので、このポイントはうれしい。ここのポイントのBossが10ftオーバーの板でアウトのピークでどっしりと構えている。彼が乗る波には絶対に手を出してはいけない。

アウトにうねりが入るとケルプの群れにぶち当たり、マイルドな波へと変化する。Logにはもってこいのレフトブレイクだ。

このポイントの北側ビーチブレイクで、よくサーフィンしたものだ。トーランスビーチ。波質は大きくなればドッカーン。なかなか地形の決まらない典型的なビーチブレイク。それでもここでのサーフィングライフは楽しいものだった。

もちろん今日一緒にサーフィンしてるFさんとも、ここでたくさんサーフィンした。そんな感傷にひたりながら波待ちしていると、一人また一人、ついには沖のBossまで上がってしまった。

残ったのは僕とFさん。「チャンスですね。」二人でピークに陣取り、セットの波をガッツリ頂く。

しかし世の中そう甘いものではなく、新しいメンバーが坂を下り、このポイントを目指してくる。30分ほどで周りは5人ほどで包囲されたので終了。Fさん、ありがとう〜

さあ、今夕は一大イベントに招待されている。一度モテルに戻り、BO SPORTのカリフォルニアファブリックシャツでめかしこもう。フォーマルイベントには襟付きシャツ。

OceansideのSurf MuseumでLinda Bensonさんと夕方4時半に待ち合わせ。まだまだ時間があるので、405フリーウェイをNewport Beach辺りで下りる。と思ったつもりが、適当なところで下りて、下道で迷子。

クルマに表示される方角を頼りにGo West。なかなか見覚えのある風景に出会わない…やっと知っている道にぶつかる。知らないうちに相当内陸に入っていた。。。

しかし怪我の功名で、見知らぬオールドタウンを走ることができた。古い建物の街並みを空いている道をゆっくり走る。手書きの看板やサインがタイムスリップしたかのようだ。西に向かって走ろう。

P.C.H.の案内が出てきたぞ。どの辺に出るのかな?おお、Newport Beachだ。バッチリじゃん。

55に近いから、Yoki Shopまではもうすぐ。Generic Youthから移転してから訪れていないので、どういう風に変わったのか楽しみ。隣はAlmond Surf Shop。こちらも以前の場所からお引っ越し。

P.C.H.にクルマを停め、コインメーターに25セントを2枚入れる。Yoki Shopのドアを開く。オーナーのジェフリーヨコヤマさんは接客中。その間、店内をザーッとチェック。相変わらずユニークなリメイクプロダクツが並んでいる。UCLAやUSCの大学シリーズもコンセプトがとてもユニーク。ファッションの切り口がいつも勉強になる。

お客さんが帰り、ここぞとばかり質問攻め。あふれる才能に嫉妬しつつ、吸収出来ることは何かと見極める。カリフォルニアに来て、ご本人に会わなければ感じられない何かを自分なりに感じとる。今後、どんな展開になるのかな。ああ、カリフォルニア。最高。

さあ、ここからはP.C.H.を海沿いに走る。Newport Beachのビーチタウンで車が詰まる。片側二車線になり、STOPのサインが多くなるからだ。P.C.H.沿いにあるショップを訪れる客に配慮しているのだろう。成熟した街づくり。

街並みを堪能しながら、P.C.H.を南下。Laguna Beachエリアに突入。Thalia Surf Shopに入る。VANSと強力なタッグを組み、店も拡張した。The Surf GalleryもThaliaになっちゃった(笑)イマドキの商品ラインナップだ。

こうしてみると、サーフクロージングも蛍光カラーが多く目につく。80’s、90’sコンセプト。しかしデザイナーは若いので、その頃ドンズバのものではなく、蛍光カラーをひとつのアクセントと考えて使っている。これがカリフォルニアンがデザインしたモダンカリフォルニア。勉強になる。

外に出て、角のサーフショップに行ってみる。以前はToes on the noseだったけど、また店名が変わってる。5分もかからず、店を出る。参考になるものがありませんでした。さあ、Go South。

Dana PointのHobie Surf Shopに寄りがてら、遅めの昼食をとることにしよう。あれ〜、Hobieがない???結局、近くのRalphsでサンドイッチを買って、ランチにする。あとから調べたらHobie Surf Shopは移転してた。

Lindaさんとの待ち合わせ時間から逆算すると、そろそろOceansideに向った方が良さそうだ。Dana Pointからフリーウェイ5に乗る。

このエリアからフリーウェイ5に乗るにはDana Pointが一番最短だ。San Clemente、San Onofreを右手にやり過ごし、広大なCamp Pendletonを越えるとOceansideの街がみえてくる。

フリーウェイを下りたら、10分かからずイベント会場のCalifornia Surf Museumに到着するはずだ。と、下道に出たとたん、渋滞に巻き込まれる。どうやら違うエベントも重なり、ビーチ近くのパーキングが閉鎖されているようだ。

ひとまず20分OKの場所に駐車する。Lindaさんに電話してみる。もう近くにいるようだ。交差点でLindaさんのSurHerのバンを発見。大声でLindaさんを呼び、手を振る。わかったみたい。

すーっとLindaさんは駐車場に入ると、目の前のクルマが出て行った。めちゃくちゃグッドタイミングだ。他のクルマは停めるところがなくて、駐車場内をグルグルしているのに。バンから降りてきたLindaさんと再会のハグをする。

そこからすぐのCalifornia Surf Museumに歩いて向う。今日のイベントは、あのWindansea Surf Clubの50周年記念イベント。Linda Bensonはオリジナルメンバー。縁あって、ぼくら夫婦ともどもお付き合いさせていただいているが、まさかこんなディープなイベントに招待してくれるなんて。。。まったく夢のようでした。

チェックインする時にはLindaさんの知り合いばかりで、なかなか中に入れず。やっと入れると思ったら、ドナルド・タカヤマさんの奥様:Dianeさんが。やはり積もる話がたくさんあるようで、ぼくの入れる余地はない。いやはやスゴいところに来てしまった。

Lindaさんは、いうまでもなくレディースサーファーではレジェンド中のレジェンドということになる。それを証明するかのように館内には彼女の功績を讃えるモノが数多く展示されていた。

もちろんLindaさんはたくさんの方達を紹介してくれた。Bill Hamiltonさん、Mike Hinsonさん、Larry Balmaさん、陽気なDavid Nuuhiwaの奥さん:Janさんなどなど。Hank WarnerさんにもGay Takayamaさんにも会った。

自慢話になってしまったが、これほどまでのビッグネームに一度に会えるなんて機会はめったにない。そしてLindaさんが女性に呼ばれて別室へ。「Hiro、ちょっと手伝って。」部屋に行くと写真家:Ron Churchさんが撮ったLinda Bensonさんの大判の写真があった。

その女性は「Ron Church財団の方からLindaさんへのプレゼントです。」その額に入った貴重な写真をぼくがバンまで運んだ(笑)

ミュージアムに戻ると、やはりLindaさんはひっぱりだこ。その途中に「Hiro、Dave Sweetのサーフボードよ!写真撮りましょ。」ああ、やっぱりDave Sweetさんもカリフォルニアではちゃんと認められて、殿堂入りしているんだと思い、改めて偉大さを思い知らされた。

そろそろ帰りの時間だ。「Lindaさん、そろそろぼく帰ります。」「そう、私も一緒に帰るわ。」「Eikoの体調はどうなの? 大丈夫?」と、いつもEikoさんのことを気にかけてくれる。

Lindaさんと駐車場で再会を約束してハグをして別れる。それは礼儀的でなく、しっかりと力を込めた心のこもったものだった。ちょっと目頭が熱くなった。なんでだろう。その時、Eikoさんと一緒にまたカリフォルニアに来て、Lindaさんに会いたい思った。

フリーウェイに乗る途中まで2台で並走して走った。ぼくは北へ、Lindaさんは南へ。2台が別れ別れになる時、お互いにクラクションを鳴らした。Lindaさんの口元がSee youと動いたように感じた。

モテルまでの1時間半。クルマを運転し続け、ぼくはひとりでいろいろなことを考えた。人との出会い、カリフォルニア、サーフィン . . .

さあ、明日はRose Bowlのフリーマーケット!

trip shots

  • California Surf Trip 2013 Early Summer Photo
  • California Surf Trip 2013 Early Summer Photo
  • California Surf Trip 2013 Early Summer Photo
  • California Surf Trip 2013 Early Summer Photo
  • California Surf Trip 2013 Early Summer Photo
  • California Surf Trip 2013 Early Summer Photo
  • California Surf Trip 2013 Early Summer Photo
  • California Surf Trip 2013 Early Summer Photo
  • California Surf Trip 2013 Early Summer Photo
  • California Surf Trip 2013 Early Summer Photo
  • California Surf Trip 2013 Early Summer Photo
  • California Surf Trip 2013 Early Summer Photo
  • California Surf Trip 2013 Early Summer Photo
  • California Surf Trip 2013 Early Summer Photo
  • California Surf Trip 2013 Early Summer Photo
  • California Surf Trip 2013 Early Summer Photo
  • California Surf Trip 2013 Early Summer Photo
  • California Surf Trip 2013 Early Summer Photo
  • California Surf Trip 2013 Early Summer Photo
  • California Surf Trip 2013 Early Summer Photo
  • California Surf Trip 2013 Early Summer Photo
  • California Surf Trip 2013 Early Summer Photo
  • California Surf Trip 2013 Early Summer Photo
  • California Surf Trip 2013 Early Summer Photo
  • California Surf Trip 2013 Early Summer Photo
  • California Surf Trip 2013 Early Summer Photo
  • California Surf Trip 2013 Early Summer Photo
  • California Surf Trip 2013 Early Summer Photo
  • California Surf Trip 2013 Early Summer Photo
  • California Surf Trip 2013 Early Summer Photo
  • California Surf Trip 2013 Early Summer Photo
  • California Surf Trip 2013 Early Summer Photo
  • California Surf Trip 2013 Early Summer Photo
  • California Surf Trip 2013 Early Summer Photo
  • California Surf Trip 2013 Early Summer Photo
  • California Surf Trip 2013 Early Summer Photo

This journal is presented by

  • Glassy Menpita Website by Heads
  • Golden State by Heads