Glassy Menpita presents.....

heads california surf trip report 2012 winter

相変わらず、日本の景気はいっこうに上を向かず、そこにきて「えいや〜」と野田総理は解散総選挙へのゴーサイン。
師走の忙しい時期になんとも世間ずれした総理大臣だこと . . .
そうはいっても、日本は自由主義社会。食って行くには、社会主義の国のように国からのカネなんか当てにできない。
自らを奮い立たせ、知恵を絞って働かなければ生活できない。
前置きはさておき、今年もヘッズはなんとかカリフォルニアへ旅立つことができました。
EIKOさんの病気も完治とまではいかないが、仕事をこなしてくれるまでになっている。

一週間という短い期間だが、カリフォルニアに行くことができたことを皆さんに感謝したい。本当にありがとうございます。
カリフォルニアに行くことはヘッズにとっては生命線。
インターネットでは感じきれないカリフォルニアを体感し、自分たちの感性に触れたなにかを日本の皆さんに発信する。
さあ、今年も12月4日から12月11日のカリフォルニアトリップのはじまりです。


  • day7
  • 10.dec.2012


朝ひとりでムックリと起き上がる。となりのベッドではEikoさんは夢の中。今日は実質トリップ最終日。着替えて、クルマのキーと部屋のカギを持って外に出る。

わあ、朝から良い天気!フロントでドーナッツとコーヒーをゲットしてクルマに乗り込む。朝露でフロントガラスが曇ってる。車内を暖め、ワイパーを動かす。

P.C.H.に出ると、北へ走る。カリフォルニアに来始めた頃から通い慣れたルート。Palos Verdes Blvd.を左折。緩やかな坂を上がり、途中で海側へ右折。急な下り坂にさしかかるとMalaga湾が見える。

くねった坂道を下りきったところに平地がある。そこにいったんクルマをとめる。海のほうに歩いていくと、眼下にはクラシカルなレフトブレイクのサーフスポット:Hagatty’sがみえる。しかし今日はフラット . . .

カリフォルニアでも数少ないグーフィーフッターが歓喜するポイント。昔ほどではないが、とうぜんローカリズムがキツく、イチゲンさんが調子に乗るとイタイ目に合うだろう。

クルマに戻り、もう少しPalos Verdes半島を登ってゆく。ゆるやかな左カーブさしかかったところで、クルマをとめる。パークしているクルマはぼくのクルマだけ。よって波はない。崖の上からThe Coveを見下ろす。くぼんだ湾には崖に阻まれて朝日がまだ当たっていない。その湾には北からのうねりは届いておらず、穏やかな海。インディケーターにはクルーザーが一隻。ダイビングでもやっているのだろうか。

The CoveこそSouth Bayでもっともヒストリカルなサーフスポット。Doc BallやLeroy Grannisの写真はあまりにも有名なものばかりあるし、1930年代にはすでに、Palos Verdes Surfing Clubが組織されていた。そんな歴史あるクラブが守り続けたポイントがThe CoveやHaggsだ。

だから日本人が大きな顔をして、おいそれとは入れない聖地だ。ぼくは常に尊敬と敬意をもって、このポイントに「お邪魔」する。どんなに通っていようと、どんなに近くに住んでいようと、どんなに知り合いがいようとも、日本人はあくまでもビジターだということを忘れてはならない。

せっかくボードも積んできたけれど、このコンディションではサーフィンは無理のようだ。クルマをUターンさせてTorrance Beachに向かう。冬の月曜日、朝のビーチは静かだ。波がなければなおさら。Burn Outの向こうで腰位の波が割れた。しかし厚くショアブレイク気味。誰もいない海なので、入っても良いけれどどうもサーフィンする気になれなかった。今日もスケジュールがタイトだし、一度モテルに戻ることにする。部屋に着くと、Eikoさんはすでに準備万端整っていた。

まずはMikeの会社MAX WAYに行って、サーフボードを預かってもらうことにする。月曜の朝と言えば会社はあわただしいのはわかっているので、手早く事を済ませ、Mikeに礼を言ってMAXWAYをあとにする。Mike、いつもありがとう!

そして11時からはHermosa BeachでBruce Grantとミーティングだ。ちょうど11時頃にファクトリーに到着。すでに友達のRyuzo君は到着していた。

Ryuzo君にはBruceのボードを日本にシッピングしてもらっている。
「Bruceさん、遅刻するみたい。」
「いいよ、待つよ。」
そして待つこと1時間半。やっとBruceが到着。あれっ、杖ついてる。

Bruce Grantはここ数年、体調をこわし、シェーピングに専念できる身体ではなかった。ヘッズでもカスタムオーダーをいただいていたお客様には出来上がりまで長い時間お待たせしてしまい、ご迷惑をおかけしてしまった。そのことはBruce本人も本当に気にしていて、日本のお客様に申し訳ない気持ちで一杯だったという。しかしいまだ体調は万全とはいかず、シェーピングに専念できる状態ではないが、シェーピングに対する情熱は衰えていなかった。本人は春になれば今まで通りにシェープするから安心してくれと笑顔で語りかけていた。

2013年Dave Sweet Surfboardsのモデルに関しての討論は白熱した。BruceのLogに関する知識ははんぱじゃない。ミッドレングスやレトロボードも良いが、Dave SweetといえばClassic Log。もう一度、1950年代のDave Sweetのモデルを再現したいと思い始めた。そのために日本から資料を集めて持ってきたのだが、モデルごとのBruceの知識が多すぎて、語りが止まらず、話しが前に進まない(笑)結局、3モデルに絞り、Bruceなりのイメージがまとまってからオーダーすることになった。

そうこうしていると、Hap Jacobsさんが現われた。すでにシェーピングはリタイアされて、このファクトリーにもあまり来ないという。Jacobsさんの功績はVelzyさん同様すばらしいものがあり、Jacobsさんのシェープルームの隣で板を削るBruceは幸せ者だと感じた。

とりあえずBruceの元気な姿を見て安心。すでにお昼の1時を過ぎてしまった。近くのショッピングモールのフードコートでランチをとる。手早く食事をすませ、次の目的地へ。

カリフォルニアのブランドを輸入する際にシッピングしてもらっている現地法人を表敬訪問。ブランドとヘッズをつなぐ重要なハブ。アメリカでの信用と実績がないと任せられない仕事である。スタッフの商品に対する知識も必要だし、迅速にコミュニケーションをとれることもキーポイントだ。今回、見つけた新しいブランドに関しての打ち合わせと今後の入荷状況などを確認して、その場をはなれる。外に出ると、すでに辺りは薄暗くなっていた。

あとは個人的なショッピング。比較的近場のDel Amoショッピングセンターにクルマを走らす。あっ、その前にTarget!クリスマスシーズンになるとTargetのリミテッドエディションでおもちゃなどが売り出される。そのほか食器なども安くてかわいいものばかり。また昨年よりも食料品のコーナーがすごく拡大していた。

Del AmoにもLevi’sやURBAN OUTFITTERS、Free Peopleなども店を構え、ヤング層の客の集客を狙っているようだ。ちなみにURBAN OUTFITTERSとFree Peopleは2013年に日本進出するそうです。アメリカで買える方が良いと思うんだけどなあ。

楽しいカリフォルニアトリップも最終章に近づく。最後の夕食の買い出しだ。Whole FoodsとTrader Joe’sそれにSushi Boyに立ち寄る。やっぱり最後の夜は寂しいもの。カリフォルニアワインでキングクラブとSushiを食べるというぼく達のスタイル。

さあ眠くなる前に荷造りとばかり、Eikoさんが張り切ってくれる。明日は予定通り飛行機は飛んでくれるかな〜。