Glassy Menpita presents.....

heads california surf trip report 2012 winter

相変わらず、日本の景気はいっこうに上を向かず、そこにきて「えいや〜」と野田総理は解散総選挙へのゴーサイン。
師走の忙しい時期になんとも世間ずれした総理大臣だこと . . .
そうはいっても、日本は自由主義社会。食って行くには、社会主義の国のように国からのカネなんか当てにできない。
自らを奮い立たせ、知恵を絞って働かなければ生活できない。
前置きはさておき、今年もヘッズはなんとかカリフォルニアへ旅立つことができました。
EIKOさんの病気も完治とまではいかないが、仕事をこなしてくれるまでになっている。

一週間という短い期間だが、カリフォルニアに行くことができたことを皆さんに感謝したい。本当にありがとうございます。
カリフォルニアに行くことはヘッズにとっては生命線。
インターネットでは感じきれないカリフォルニアを体感し、自分たちの感性に触れたなにかを日本の皆さんに発信する。
さあ、今年も12月4日から12月11日のカリフォルニアトリップのはじまりです。


  • day5
  • 8.dec.2012


朝7時起床。部屋のドアを開けてみる。朝焼けと青い空のグラデーション、そしてたくさんのカモメたち。カリフォルニアの朝を実感する。ここVenturaはこの一泊だけ。今日は移動日となる。

フロントにドーナツとコーヒーを取りにゆく。そしてC-Streetに向けてGo。といっても5分で到着。フリーパーキングは満車なので、2ドル払ってとなりの駐車場へクルマを停める。波をチェック。メローな腰腹の波がライトに規則正しく割れている。Log向きの優しい波。さあ、Go Surf!

今日はSUPが多く、しかもガツガツ系のSUPPERが多い。日本でもこの手のSUPPERいますよね。しかもポイントブレイクとなると、たちが悪い。SUPPERが乗った後のセットを待つ。SUPPERがアウトに戻ってくるまでにセットがくれば良いんだけど。セットが来ないと、またSUPPERに波を取られてしまう。それでもスキをみてはちょこちょこ余り波で楽しめる。

隣では30代だろうか、4人の女性が楽しそうに波と戯れる。そのうちのひとりがテイクオフを失敗。残りの3人がすかさず大声で笑う。2人で一緒に波に乗る。見ているこちらが楽しくなる。

1本のうねりがピアの方向に向かって崩れてゆく。途中で黄金色の太陽の光が目に入りまぶしい。そうしていると、Eikoさんが無言でスーッと移動。なにかな?と思っていると、アウトからうねりが。しかも彼女のまわりにはサーファーがいない。やられた!

この日一番のセットのピークで、ドンピシャのポジション。Eikoさん、これは逃すまいと力強くパドル。スーッとボードが滑り出し、テイクオフ。良いレギュラーブレイク。乗り継いで、乗り継いで、乗り継いで。超ロングライディング! やばいね、Eikoさんの笑いが止まらない。

そんなこんなで2時間サーフ。さあ、上がろう。ぼくらは濡れたウェットスーツのままクルマに乗り込んだ。部屋に戻り、順番にシャワーを浴びる。着替えをして、荷物をクルマに運ぶ。チェックアウトを済ませ、Venturaのダウンタウン:Main Streetへ。

パブリックパーキングにクルマを停めて、朝市:Eco Marketに。この朝市は野菜、フルーツ、パン、ジュースなど食料品がメイン。個人農家が自信を持って育てたものが多い。特にOrganicなものが。Torranceまでに道のりは長い。昼ご飯にとスコーンとアップルサイダーをゲット。アップルサイダーは冷凍されているので、お昼頃には溶けてるだろう。

それからMain Streetを散策。Venturaのダウンタウンはそれほど大きくないので、2〜3時間もあれば充分歩いて楽しめる。サーフショップをチェックしたり、アンティークショップをのぞいたりと楽しい時間を過ごす。さあ、そろそろ次の目的地:Torranceに向かおう。

帰りはフリーウェイを使わず、Pacific Coast Highwayでコーストラインを下ってゆく。Oxnardを横切ると、P.C.H.が海沿いになる。大小の湾が入り組んで、Glassyなフェイスとラフなフェイスが見られるのが面白い。ちょっとした距離だが、湾の向いている方向が違うのだろう。

途中のCounty Lineで休憩。おっ、波あるじゃん。ぼくがカリフォルニアで初めてサーフィンしたポイントだ。VenturaとLos Angelesの郡の境界線近くあるポイントだからCounty Line。P.C.H.をはさんで山側にはシーフードレストラン「Neptune Net」。そう、映画Point Breakの舞台になった海沿いのひなびたレストランがこのNeptune Netだ。いまではとてもキレイなレストランになり、Bikerの人気スポットになっている。今日のCounty Lineは空いているし、波も良い。でも時間がないので、今日はパス。

途中のLeo Carrilloなどのサーフスポットをチェックしながら、Malibu手前のショッピングモールに立ち寄る。行くたびに新しいショップがオープンしている。今回はQuiksilverが新しいコンセプトのレディースショップを出店していた。どちらかというとアパレル寄りのラインナップ。なかなかいいと思います。そしてKitsonやRRLをウィンドウショッピングしてクルマに戻る。

Melibu、Topanga、Sunsetと通り過ぎてゆくと、まわりの景色が都会のものに変化してゆく。交通量も多くなる。iPadでGoogle Mapをチェック。Santa Monica Freeway10は渋滞しているようなので、下道Rute1を選択。このRute1は、このエリアでLincoln→Pacific Coast→Sepulveda→Pacific Coastと名称がコロコロ変わるので迷わないように。

Torranceエリアにたどり着く。P.C.H.沿いのモテルにチェックイン。VenturaからずーっとP.C.H.を走ってきて、ここにたどり着くと不思議な気がした。つながっているんだなあって。

暗くなってしまった。夕食の買い出しはWhole Foodsへ。ここのクラムチャウダー、美味しいんです。それと今日の野菜はサラダに加えて焼き野菜も。トリップ中は野菜不足に気を使う。さまざまな色の野菜をとり、風邪などを引かないようさまざまな栄養素を補給する。今日もサーフィンをして、街を散策し、いろいろなお店を発見し、景色を楽しみ、夕食にはおいしいワインを口にできた。そんなときでもEikoさんは階下のランドリーで洗濯をしてくれている。ありがとう。

さあ、明日は日曜日。Rose BowlのFlea Marketだ。どんな掘り出し物に巡り会えるのだろうか。