Glassy Menpita presents.....

heads california surf trip report 2012 winter

相変わらず、日本の景気はいっこうに上を向かず、そこにきて「えいや〜」と野田総理は解散総選挙へのゴーサイン。
師走の忙しい時期になんとも世間ずれした総理大臣だこと . . .
そうはいっても、日本は自由主義社会。食って行くには、社会主義の国のように国からのカネなんか当てにできない。
自らを奮い立たせ、知恵を絞って働かなければ生活できない。
前置きはさておき、今年もヘッズはなんとかカリフォルニアへ旅立つことができました。
EIKOさんの病気も完治とまではいかないが、仕事をこなしてくれるまでになっている。

一週間という短い期間だが、カリフォルニアに行くことができたことを皆さんに感謝したい。本当にありがとうございます。
カリフォルニアに行くことはヘッズにとっては生命線。
インターネットでは感じきれないカリフォルニアを体感し、自分たちの感性に触れたなにかを日本の皆さんに発信する。
さあ、今年も12月4日から12月11日のカリフォルニアトリップのはじまりです。


  • day4
  • 7.dec.2012


朝6時半起床。昨晩のうちにEikoさんは荷物をまとめて、チェックアウトしてからすぐに出発できるように準備してくれていた。San Diego最後の日も波をチェック。モテル前のビーチでは奇しくも昨日よりサイズアップのセット胸肩。Logでも楽しめそうだが、このサイズならMiddyの方がいいかも。でも今日はMikeとSan Onofreで待ち合わせて、一緒にサーフィン。

チェックアウトを済ませ、La Jollaのガソリンスタンドで給油。今日はSan’Oから一気にVenturaまで北上する。La Jolla Villege Dr.のインターチェンジからFreeway5に乗り込む。ヤバイ、集合時間の8時に間に合わないぞ。POOL LANEを使って先を急ぐ。でもくれぐれもHighway Patrolには注意して。

途中でMikeからChurchに先に入っていると電話がある。約束した時間から30分ほど遅れてSan Onofreのゲートで$15を支払う。坂を下ると、海が見えてきた。右側のパーキングスペースにMikeのクルマがあった。その隣に停めて、波をチェック。Churchの波をカメラの望遠を使って眺めてみる。規則正しいライトブレイクが見える。サイズは胸くらいか。そして正面に目を移す。んんん、こっちの方が良いかも?左側でレフトブレイク、右側でライトブレイク。風はほぼ無風、Glassy Menpita。波のサイズは腹胸〜肩!ぼく達ふたりはあっさりとMikeを裏切り、正面でサーフィンすることにする(笑)サーファーとはそんなものである。Mikeのクルマにその旨をメモした紙を挟んでおく。

グーフィーのぼくは左側、レギュラーのEikoさんは右側で。一緒に来たからって同じのところでサーフィンしなくたっていい。よく日本人は同じ場所にかたまってサーフィンするけど、他のサーファーからするとちょっと邪魔なときもある。波に乗んないでおしゃべりしている人とかも多いしね。案の定、良い波だ。

ここSan Onofreは厚めで緩斜面な波がブレイクするけど、セットの波ではテイクオフポイントでググッとパドルで押込むことが必要。これをクリアしないと波に取り残されるか、躊躇すれば波のトップから振り落とされる。テイクオフに慣れれば、Loggerにとって絶好のノーズライディングの練習の場となる。波の水の量が多いのでボードのテールを押さえてくれるプレッシャーが強く、ボードをロックしやすい。よってノーズに行ってもビクともせず。クラシックスタイルを楽しめる。

後半はアウトから来るセット狙いに切り替え、辛抱強く波待ち。どのポジションがピークか、何本目のセットが一番良いシェープか、隣で波待ちするオヤジは何本目に乗るのか?いろいろなシュチエーションを想像しながら波を読む。そしてその予想がドンピシャに当たって、テイクオフできた時の快感はサーフィンならでは。

セットがきた。先ほどからセットの波のピークが右側にずれているなと思い、まわりのサーファーに知られないように静かにパドルして移動する。まわりのサーファーを引き離して、一気にアウトに全速パドル。波の速度に合わせて、岸に向かってパドル。スーッとボードが滑り出し、スタンドアップ。レールを波に噛ませたら、ノーズへ。そのときテールがガチガチにロックされている。日本ではこんな波はあまりない。

その後はステップバックしたり、カットバックしたりしてインサイドまで乗り継ぐ。良い波だなあ。あと1本。アウトにパドルアウトしている途中で、波待ちのサーファーに声をかけられる。
「良い波乗ったな!」
「ありがとう〜」
それほど上手くはないぼくだが、そんなふうに声をかけられるのはうれしいもの。そしてアウトからセット波をゲットして、そのままインサイドまで乗り継ぐ。膝くらいの深さになったらボードを持って石の上をロックダンス。あまり浅いところまで乗り継ぐと、Finを石にぶつけて泣きをみるからご注意を。

ほどなくしてEikoさんも上がってきた。聞くと、なかなかの良い波だったようだ。着替えをしているとMikeが現われた。
「ゴメン、こっちでやっちゃったよ。」
「問題ないよ。こっちも良さそうな波だね。」
そして3人はSan Clementeへ。

ここからはお仕事。来期ヘッズで扱うことが決まっているTシャツブランドのオフィスを訪問する。そう、初日立ち寄ったが、オーナーのJayがいなかった。今日が初対面だ。Mikeにも付き合ってもらい、通訳の手助けをしてもらう。San’Oから15分ほどで到着。こんな環境で仕事してたら毎日サーフィンできるかな。

ショールームのドアを開け、奥のオフィスにゆく。ひとりの男性がPCの前に座っている。
「Jayさんですか? 日本から来たSATOです。」
「おお、この間は来てくれたのにあえなくてすまなかったね。」
と言って握手を交わす。それからJayのモノ作りに対する考え方、経営方針などを聞いているうちに、かなりの部分ヘッズと近いと感じた。

Jayの手がけるTシャツは超ヘビーウェイトのTシャツでシルエットは90’sっぽく大きめ。ネックリブはしっかりしている。おおよそ、今のトレンドの逆をゆくTシャツ。しかしトレンドは繰り返す。事実、今年一部のハイエンドのセレクトショップでは、ヘビーウェイトなBIG Tシャツが売れたという。モダンカリフォルニア・ライクなライトオンスTシャツ以外の選択肢もアリかなと思い、Jayとの取り組みが実現化した。それには25年来の友人の橋渡しがあったことに感謝したい。Tさん、ありがとう。Jayにオーダーできたよ!

またこのヘビーTは、Jayいわく40歳以上のミドルエイジ世代に人気があるという。そうだよなあ、考えてみればぼくなんかリアルタイムでこのヘビーTが流行った時代を通り過ぎてきた。ヘビーローテーションの洗濯にも負けないヘビーオンスとリブ。日本にも懐かしがるオールドサーファーがいるかも。また新しい出会いがあり、新鮮な刺激を受け、ヘッズに反映させる。これがぼく達のやり方なんだと再認識した出会いだった。Mike、ありがとう!

お昼近くになり、Mikeとランチをとる。Jayに教えてもらったハワイアンレストラン?に行く。隣は元祖動かし系ロングボードのBill Stewartのショップ。不思議な料理が多かったけど、結構うまかった。ここでMikeとはお別れ。あとは日曜日のディナーで会いましょう。

さあ、1時を過ぎてしまった。フリーウェイ5に乗って一路北上〜。とにかくロサンゼルス空港付近は3時までには通過したい。そうしないと渋滞に巻き込まれてしまう。POOL LANEと追い越し車線を使い分けGo north。

助手席のEikoさんにGoogle Mapで渋滞状況をチェックしてもらう。その結果フリーウェイ405を選択し、Ventura Freeway101に合流する。思ったほど渋滞していない。ゆるやかな坂を上り、何もない平地を走り、カーブの多い坂を下る。

Oxnardの街が見えてきた。Oxnard BlvdとPCHが合流し、さらにVentura Freeway101とPacific Coast Hwyが合流。

予約したモテルのThompson blvdでは下りずに、California St.で下りろとEikoさんの指示。渋滞状況とアクセスを考えてのことだろう。これが大正解。3時を回ったところでモテルに到着。San Clementeから約2時間でVenturaに着いた計算だ。サンセットまで2時間はある。急いで荷物を2階の部屋に運び、C-Streetで波をチェック。腰腹のライトブレイク。できそうなのでぼくだけ海に向かう。San’Oでサーフしたのが昨日のことのようだ。濡れたウェットスーツに手を通すと、ゾクゾクッと悪寒が走る。冷たい!

学校が終わって海に来たのか子供サーファーが多い。ぼくが波待ちしていた場所にもショートの子供が一緒に波待ち。なかなかテイクオフできずに岸で見守る親にアドバイスを求める。そのうちにセットの波がきた。ぼくがピークからテイクオフ。ショルダーからその子供もパドルしていたが、ぼくのテイクオフをみてくれて、パドルを止めてくれた。ありがとう。きっと親にルールとマナーを教えてもらったんだね。今度は君の番だよ。こういうリズムができると、今度セットが来たらこの子に乗ってもらいたいという気になる。

そして何本かでテイクオフが成功。「ヒュ〜」ぼくは思わず声をかけてあげた。インサイドでうれしくてはしゃいでる。Venturaのキレイなサンセットをみながら、子供と気持ちのいいサーフィンができた。寒くなってきたし、そろそろ上がろう。そしてクルマのヘッドライトを点灯してスーパーマーケットのVONSまで走る。夕食の買い出しだ。そして部屋に着いたのは7時。ビールを飲み、サラダを食べる。赤ワインでパスタやターキーサンドを食べてる頃には、すでに意識はどこかへすっ飛んでいた。さあVentura滞在はたった一泊だ。明日はもう土曜日だ〜。時間が経つのが早い。