Glassy Menpita presents.....

heads california surf trip report 2012 winter

相変わらず、日本の景気はいっこうに上を向かず、そこにきて「えいや〜」と野田総理は解散総選挙へのゴーサイン。
師走の忙しい時期になんとも世間ずれした総理大臣だこと . . .
そうはいっても、日本は自由主義社会。食って行くには、社会主義の国のように国からのカネなんか当てにできない。
自らを奮い立たせ、知恵を絞って働かなければ生活できない。
前置きはさておき、今年もヘッズはなんとかカリフォルニアへ旅立つことができました。
EIKOさんの病気も完治とまではいかないが、仕事をこなしてくれるまでになっている。

一週間という短い期間だが、カリフォルニアに行くことができたことを皆さんに感謝したい。本当にありがとうございます。
カリフォルニアに行くことはヘッズにとっては生命線。
インターネットでは感じきれないカリフォルニアを体感し、自分たちの感性に触れたなにかを日本の皆さんに発信する。
さあ、今年も12月4日から12月11日のカリフォルニアトリップのはじまりです。


  • day2
  • 5.dec.2012


時差ボケだろう夜中何度か目が覚めたが、いつの間にかまた眠りについた。そして7時に目覚ましが鳴る。12月のカリフォルニアの日の出は遅い。いつものように寝ているEikoさんを起こさないようにモテルの部屋を出る。海まで80歩。 Pacific Beachは無風。Glassy Menpita。波のサイズは腰〜腹。ぼく達サイズでひと安心。

今日はなんとLinda Bensonさんと一緒にサーフィン。9時にPipesで待ち合わせる。パーキングにはすでにLindaさんが待っていた。パブリックパーキングにクルマを停め、三人で再会を喜ぶ。今日、EikoさんはLindaさんのお気に入りのボードであるDonald TakayamaさんのハンドシェープDT-2をお借りすることになっている。そのときLindaさんが「これが私が作った最初のRail Grabberよ。」と、Rail Grabberの原型を持ってきた。

Rail Grabberを作ったきっかけは、長くて重いロングボードを骨盤に引っ掛けて持ち運ぶたびに身体に変調をきたしたという。そこで医師に相談したところ、身体のバランスが悪くなるからそのようなボードの運び方はやめた方がいいと言われた。そこでLindaさん自身で考案したのがRail Grabberだったというわけ。ただ単にロングボードの持ち運びの利便性という観点だけでなく、女性ならでは角度から考えられたツールだったというわけ。そして来年、Lindaさんからお借りした写真をもとにBO SPORTとのコラボでフォトTシャツを発表する。その完成したTシャツをLindaさんにチェックしてもらう。3柄すべてOKサイン。ありがとう〜

さあ、サーフィンだ。風は無風、Glassy Menpita。波のサイズは腰腹。幸いPipesのメインピークは空いている。LindaさんとEikoさんはRail Grabberを使って下り坂を下りてゆく。そしてビーチに着くと、「Rail Grabberはここに隠すのよ」と秘密の場所を教えてくれた。こんなレジェンドと一緒に波乗りできるなんて夢のようだ。

3人は少し離れながらパドルアウト。トローっとしたオイリーなフェイスはLog向きな波。波待ちしている間にLindaさんからランドマークを教えてもらい、それに対してのブレイクも教えてもらう。そうしている間にセットが来た。「Hiro, Go!」そう言われたら行かないとねえ!ライトブレイクに見えたけど、Lindaさんの教えの通りレフトに行ってみる。するとショルダーが崩れそうで崩れない良い波。途中、Hang Fiveも。インサイドまで乗り継ぎ、アウトを見るとLindaさんガッツポーズ。うれしいですねえ。

Eikoさんはちょっとインサイドで遠慮気味に波待ち。それでも波は余っているので、うねりが来るとスーッとテイクオフ。スピードに乗ったライディング。ミドルセクションでカットバック。ターンがとても軽そうだ。そして最後まで乗り継いでゆく。なんか今までと違うスムーズな感じ。パドルアウトしてきたEikoさんに「なんか調子良さそうだね。」と尋ねる。「うん、このDT-2は軽し、テイクオフも早いし、ターンもしやすいのよ〜」だって。Lindaさんはなかなか乗らない。はやくライディングが見たい。と、一番アウトで波待ちしていたLindaさんがテイクオフの体制に。3漕ぎ。グーフィースタンスのLindaさんはレフトへ。アップスーンを交えて加速すると、ミドルセクションでターン。そのままインサイドへ消えていった。スピード&スムース。失礼だが、あのオトシの女性があそこまでサーフィンができるとは . . .

その後も自分の選んだ数少ないセットしか乗らない。そしてパドルアウトしてくる一人一人をぼく達に紹介してくれる。そのうちひとりの女性がぼくの隣にきた。セットが来たので、テイクオフしようとしたが、右側に人の気配が。先ほどの女性だ。しかもバックサイドにもかかわらず、すでにHang Tenを決めている。ぼくはあわててパドルを止めた。Lindaさんが笑っている。「Hiro、彼女はコリよ。知ってる?Cori Shumacher。3度もWomen’s World Longboard Championに輝いたサーファーよ。」それを聞いてビビってしまった。と同時に前乗りしなくてよかったと思った。もっともLindaさんは5度U.S.チャンピオンになっているが . . .

このときのCoriは波に合わせてNoseriderを持ち出していたが、いやはや波に合わせたメローなサーフィン。Eikoさんもうっとり。そのうちにピークには多くのサーファーが集まってしまったので、ぼくはビーチに上がった。それを見たEikoさんも興奮気味に上がってきた。きっとCoriのサーフィンを見たからだろうと思って、「彼女のサーフィン上手かったね。」と聞くと、「それもそうだけど、DT-2欲しい!」だって。いつもは正直、ボードにはあまり興味を示さないEikoさんの反応にぼくは少々驚いた。とりあず、まわれるサーフショップを探してみよう。

パーキングに戻ると、昨日会ったPhilがKevin ConellyのLogを持って、まさに海に行こうとしていたところだった。「Hi, Hiro、Pipesに来ていたのかい! 昨日言ってくれればよかったのに。」「そうだったね。今日はLindaさんとサーフィンしたんですよ。」「そいつはスゴい! それではぼくもサーフしてくるよ。」そう言って、坂道を下りていった。ぼく達が着替えをしていると、Lindaさんが上がってきた。「Philに会った?」「はい、今ここで会いました。昨日彼とミーティングしたんですよ。」「彼は良い人よ。いい仕事ができると良いわね。」そう言ってLindaさんはぼく達のために温かいお湯の入ったタンクをくれた。本当にやさしい女性だ。

それからLindaさんとランチをとることにした。CardiffにあるPacific Coast Grillというレストラン。目の前にはあの有名なサーフポイントCardiff by the seaを望める。ぼくはビールを一杯いただいた。最高の気分だ。やはり料理の量が多く、残した分は持ち帰りに。帰り間際、レストランのオーナーがLindaさんに気づき、立ち話。Lindaさんは記念写真を撮りたくて、オーナーにベストな場所はないかと尋ねている。「良いところがありますよ!2階へどうぞ」と、ふだん昼間はオープンしていない2階へ案内してくれた。すばらしい眺めだ。そこで3人で記念写真。何から何までLindaさんにケアしてもらった。本当に素晴らしい思い出。ありがとう、Lindaさん。

Lindaさんとはここでハグしてお別れ。ぼく達はEncinitasの街をブラブラ。 Patagonia、Surfy Surfy、Hansenそして知人から教えてもらった店でAlex Knostのシェープした新進系をチェック。そう、メディアに最近露出しているピンテールのミッドレングスだ。仮店舗のような店内の壁にAlexのシェープしたボードが吊るしてある。聞くと、すべてfor saleだそうで、$800 - $900だ。すべてクリアでウェットサンド・フィニッシュ。最たる特長は厚さ。とにかく分厚い。レールが入るのかというほど厚い。ちょっと欲しいという気にはならなかった。帰りに店番をしていた女性からDVDをもらった。そして近くのアウトレットモールに立ち寄り、Pacific Beachに戻った。夕食はDanと約束していたから。18年の付き合いで、今はDanも36歳。モテルで待っていると、Danが迎えにきてくれた。助手席には彼女のAbbyが。初対面だが、かわいいコだ。看護婦さんだという。Danは昔話をして、ぼくらとの関係をAbbyに話してくれた。

最後に「ぼくら結婚すると思うんだけど、その前にふたりに言っておかなければならないことがあるんだ。あのね . . . ここに赤ちゃんがいるんだよ。」とDanがAbbyのお腹を指差した。マジかよ、Congratulations!今度は年貢の納め時だね。とまあ、充実した2日目を過ごしたのでした。