Glassy Menpita presents.....

heads california surf trip report 2012 winter

相変わらず、日本の景気はいっこうに上を向かず、そこにきて「えいや〜」と野田総理は解散総選挙へのゴーサイン。
師走の忙しい時期になんとも世間ずれした総理大臣だこと . . .
そうはいっても、日本は自由主義社会。食って行くには、社会主義の国のように国からのカネなんか当てにできない。
自らを奮い立たせ、知恵を絞って働かなければ生活できない。
前置きはさておき、今年もヘッズはなんとかカリフォルニアへ旅立つことができました。
EIKOさんの病気も完治とまではいかないが、仕事をこなしてくれるまでになっている。

一週間という短い期間だが、カリフォルニアに行くことができたことを皆さんに感謝したい。本当にありがとうございます。
カリフォルニアに行くことはヘッズにとっては生命線。
インターネットでは感じきれないカリフォルニアを体感し、自分たちの感性に触れたなにかを日本の皆さんに発信する。
さあ、今年も12月4日から12月11日のカリフォルニアトリップのはじまりです。


  • day1
  • 4.dec.2012


「ええ〜、渋滞かよ。」
東関東自動車道は千鳥町を越えた辺りから、いきなりクルマの列ができてしまった。新車から12年、230,000kmを走破しているラグレイトのカーナビはいかれてる。急いでiPadでgoogle mapを開けてみると、船橋辺りで事故が発生した模様だ。車線をめまぐるしく変更し、少しずつ前進。成田空港に到着したのは出発1時間前だった。

とにかく間に合い、エアチケットのチェックインを済ませ、出国手続きへ。よかった、空いていた。結局、昼食を取ることなく、搭乗。今回もKE001。Oさん、お世話になりました。機内は思いのほか空席が目立った。Oさんに窓側2席をおさえて頂き、快適な空の旅だ。往路は、時速360kmものジェット気流(偏西風)の追い風を受けて、約9時間半のフライトで朝8時前にロサンゼルス国際空港に到着。Los Angelesの午前中は雲が立ちこめていることが多いが、今回は朝から晴れている。幸先良し!

Alamoレンタカーのシャトルバスに乗り込み、営業所へ。あらかじめ日本で予約を入れておいたMini Vanをレンタルする。今回はDODGE Grand Caravan。Alamoの場合、Mini Vanのほとんどがこの車種だった。二列目はウォークスルーになっていて、三列目はフラットになる。運転席と助手席の間にもさしたる障害物がなく、ロングボード2本の中積みも可能だ。さあ、次はサーフボードをピックアップしにMAXWAYへ。

フリーウェイを使わず、P.C.H.→Hawthorne→190とCaravanを走らす。道が空いていて気持ちがいい。そして9時すぎにはMAXWAYに到着。平日の朝なのに悪いなあ。スタッフのEvanと目が合う。ニコッ。Mikeを呼び出してもらう。Mike登場。「あのさ、オレのC.C.Slider使いなよ。家から持ってきてるから。」ということで、今回はMikeのLogを借りてCaliforniaの波を堪能することになった。EIKOさんはいつものBecker San’Oモデル。Mikeは社長なので忙しい。長居は禁物。数日後のサーフセッションを約束して別れる。Mike、いつもありがとう。感謝してます。さあこれから一気にGo South。

フリーウェイ405にのって、一気に南下する。FMステーションを70’sにして、気分を盛り上げちゃう。時差ボケなんかなんのその。

途中レストエリアで休憩して、そのままSan Clementeまで。来夏の扱うTシャツブランドのオフィスにアポ無しで突入。実際には2日後にアポは取っているんだけど、南下途中だったもので、立ち寄ってみた。しかも初対面。やはりJayはいなかった。かわりに息子のTalyorが丁寧に対応してくれた。Greg Nollに似てる。そして遊びにきていたJayの仲間がランチのピッツァを分けてくれた。ついでにBeerも飲むかってきたけど、運転があるので丁重にお断りした(笑)

フリーウェイ5をBalboa Ave.で下りる。途中のTrader Joe’sでBeerとEIKOさんリクエストのオーガニックヴェジジュース、サラダを購入。そしてPacific Beachのモテルへチェックイン。そう、海まで80歩のモテル。今回は初めてExpediaですべてのモテルを予約した。予約の時点にクレジットカードで決済するのだが、もしもキャンセルしたければ、モテルにもよるが3日前くらいまでならOK。代金は返金される。なんとも便利な時代に突入したものだ。

部屋は海の近くのアップスティアーズ。1階は荷物の出し入れが楽だけど、上の部屋の客の足音とかうるさいでしょ。まして子供がいたら、走り回るんで . . . 部屋でSlide HangerのPhilに電話する。Philはこの近くに住んでいるので、近くのStarbucks Coffeeで待ち合わせることにした。ここからなら歩いていける。Philとは初対面。どんな人か楽しみ。もちろん英語での対応になるが、20年以上カリフォルニアに通ってその程度?と言われるくらいの英語力。しかし同じ人間。なんとかなるさ。

途中のSurfindianでMikeから借りたCC Sliderにマッチするピヴォットフィンをゲット。ぼくらがStarbucksに着いた時にはすでにPhilはいた。顔も知らないけど、あの人だってわかった。コーヒーをごちそうしてくれて、外のテラスでミーティング。Slide Hangerの日本での評判や自分が使ってみての感想、改良点などを伝えた。単語が出てこない時は手振り身振り、そして絵を描く(笑)こういうのって楽しい。Philからはセールスの方法やこれからの方向性を聞いた。1時間くらいだったけど、とても有意義なミーティングだった。Philも良いヤツだったし。

Philとはここで別れて、ぼく達は夕食の買い出しに隣のRalphsに行った。アメリカのスーパーマーケットはいろいろなものがあって楽しい。メインディッシュは近くにあるハワイアンフードショップのロコモコと決めてたけど、すでに店を閉めていた。そこでぼく達は近くのTaco SurfでBurritoとTacoでWelcome Dinnerにすることにした。さあ、California Tripのはじまりだ。