Day5:June 12th (Sat)

朝6時起床。ぼくだけ。久しぶりに朝からドピーカン。ひとりで部屋を抜け出し、散歩する。モテルのすぐ裏に鉄道が走っていて、それを越えるとすぐ海だ。

かすかにGlassy Menpitaの水面がみえる。急いでEikoさんを起こす。ウェットスーツとバスタオルをクルマに詰め込み、Thompson Blvd.を西へと走る。Tonyさんの店の手前を左折。そうしたらすぐにポイントだ。

手前の無料駐車場はすでに満車。昨日と同じく少し先の有料駐車場にゆく。料金を払い、駐車スペースへ。海を見る。ワオ!Glasy Menpita ! 腰腹セット胸。最高でしょ。このポイントでこんなに良いコンディションを見たのは初めてだ。かなり潮が引いていて砂浜があるっていうことも初めて知った。ピークが何カ所かあり、そこから規則正しくライトブレイク。海に入ってわかったのだが、レフトっぽい波でも絶対にライトブレイクだ。入る前はブレイクがちょっと速いかなと思ったのだが、いざサーフしてみるととんでもない、全然抜けられる。昨日のジャンクなコンディションが一夜にして整えられるなんて...

土曜日なので、きっとサーファーが増えるだろうと思い、できるだけ波を取る。しかしいい波だなあ。昨日サーフしたピア寄りのほうが長く乗れるのは間違いないが、そのエリアはすでに多くのサーファーで賑わっていた。余裕を持たせてくれる波なので、バックサイドになるぼくでも、丁寧に乗り継ぐことができる。レギュラースタンスのEikoさんにはたまらない波だ。そんなところまで行っちゃうと、帰りが大変ですよ。

さあ、サーファーも多くなってきたので、上がる潮時だ。満足感に満ちあふれてモテルへと帰る。ぼくが先にシャワーを浴びる。着替えをして、フロントに行き、朝食を持ってくる。

コーヒーを注いでいると、フロントの白人男性から声をかけられる。「どこから来たのですか?」「日本です。」「日本ですか。日本人、たまに来ます。でも皆さん、ポルシェを乗ってきます。」「なぜ?」「わかりません。お金持ちですね、きっと。だから、わたし日本語使います。オハヨウゴザイマスって。」「それがビジネスですね。」「そのとおり!(笑)」「ぼく達は今朝、サーフィンをしにきました。いい波でしたよ。」「そうですか!私も今日サーフしました。いい波でしたね。」お互いニヤける。サーファー同士は、これで打ち解けられるから話が早い。今日はチェックアウトの日だ。そして一路Santa Barbaraに向かい、最終的にはTorranceに戻る。

朝食を部屋でとり、荷物をクルマに詰め込む。そしてフロントでチェックアウト。Thompson Blvd.に出たら、すぐに101の入口がある。このモテルは、とても便利なところにある。Go North。101を走っていると、Eikoさんが「あっ、Rincon !」と叫ぶ。えええっ、こんなに早く着くか?! サーフィンビデオでよく見るバックのピアもないし...「違うでしょ。」あえなく却下。またほどなくして「あっ、Rincon !」とEikoさん。だからピアが左にないから違うっちゅうの。このようにRinconに到着するまでには「ニセRincon」が結構あるようだ。もちろんポイント名はあると思うのだが。実際にRinconだと思ってサーフしたら、じつは違うポイントだったということもあるようだ。今度はピアが見えてきた。それをやり過ごし、今度見えてくるライトブレイクがRinconだろう。

見えた、見えた。しかしぼくらは、101を下りずSanta Barbaraに向かった。101をGarden St.で下りて、Santa BarbaraのメインストリートState St.に向かう。第一印象は普通の街、だった。ショッピングモールもあるし、古い建物もあるが、Starbucksのような新しい店もたくさん並ぶ。

とりあえず公共駐車場にクルマを入れる。そこからState St.に出る。このメインストリートに関しては、日本で調べてこなかった。あてもなく歩くも、これという店も無し。午前中にもかかわらずBarが盛り上がっている。何かと思えば、サッカーのワールドカップ。アメリカ戦が始まっていた。カリフォルニアでもワールドカップが盛り上がっているなんて意外だった。

メインをはずれて、裏通りを歩いてみる。そこではちょうど花や野菜などのフリーマーケットが開催されていた。ちょっと寄り道。多くの人でごった返している。そこでおじいちゃんとおばあちゃんがやっていたピスタチオ屋さんに立ち止まる。いろいろな味のピスタチオがあったが、プレーンな塩味を買い入れる。Eikoさん、大好きだからね。ぼくは商品よりも来ている人やお店の人に目がいってしまう。Santa Barbaraってヒッピーっぽい人が目につく。きっとこういう人達が好むような一角があるんだろうなと思いながら、クルマを停めた駐車場に向かう。

あんなにガラガラだった駐車場はすでにいっぱいになっていた。クルマで出口に向かう。支払いはマシンで。何これ?クレジットカードオンリー。初めての経験でアワをくった。ガソリンスタンドでもクレジットカードで支払うのが一般的だが、ぼくら日本からの旅行者はZIP CODEとか入力できないので、マシンでは支払いができない。それが頭にちらつき、一瞬あせってしまった。Eikoさんが「とりあえず差し込んじゃえば?」と冷静に切り返す。全然問題なくゲートが開いた。考えすぎ、簡単じゃん。あと感じたことが、ホームレスが多かったこと。若そうな人も。なんでSanta Barbaraなのだろう。

それからAl MerrickのサーフショップChannel Island Surfboardsへ。やっぱりサーファーとしてはこのお店詣でをしなきゃ。あいにくAl Merrickさんには会えなかったけど、お店には行くことができた。正直、普通のお店だけど、サーフボードのストックはハンパじゃなかった。あと10歳若かったら、買いたくなっちゃったね。そしてサーフィンDVDのOne California Dayで初めて知ったサーフポイントのSandspitを見学。波が無い時はホントに湖状態。逆にあの波のスゴさがわかった。あとワインのテイスティングもしたかったが、下調べが不十分でお店がわからず。日本で調べたらChannel Islandの目と鼻の先に一軒あったみたい...残念。次回の楽しみにしておこう。Santa Barbaraに関しては、要下調べ。きっといいところがあるはずだ。

それから101を南に。再度Venturaに向かう。本当はアンティークショップに行きたかったのだが、時間がなく断念。Patagoniaのアウトレットに行き、遅いランチをとる。これからLos Angelesへ。

帰りは101を使って帰る。Sunset St.の標識が出てきた。しかし101はかなり内陸に入っているので、風景がまるで違う。405の標識が見えてきた。この旅の後半が見えてきたような気がした。相変わらずLAXまでの渋滞はすごく、プールレーンも全然機能しない。空港を越えると自然と渋滞は解消。Hawthorne Blvd.で下りる。ここで下りるのも、なんだか久しぶりだ。PCHとの交差点を右折。いつものモテルをもうすぐだ。2〜年前よりレートが安くなっていた。もっとも建物自体は、ぼくが初めて滞在した23年前と変わらないので老朽化も進んでいる。でも変わらないのが好きなところでもある。

チェックインを済ませ、また荷物の出し入れ。トリップも後半になると、買ったモノの分だけ荷物も増える。「先に洗濯しちゃうね。」とEikoさんがモテル内のコインランドリーに向かう。が、すぐに戻ってくる。「タンブラーが故障中だって...」しかたがないので、フロントに近くにあるコインランドリーを聞きにいく。クルマで5分ほど行ったオールドモールにあるという。勉強がてら行ってみることにする。でかいわ! 安いし、たたみ台も大きくて使いやすい。洗濯機を回している間、隣にあるAlbertsonsというスーパーマーケットを探索する。Eikoさんが興味を持っていたお店だ。品揃えは他のマーケットとさして変わりはないが、ちょっとロープライスか?

店内にはStarbucksも併設されていて便利かも。なによりもKing Clubがあったことがビックリ。買わなかったけど。頃合いを見てコインランドリーに戻る。こういう街のコインランドリーに来たのは初めて。いろいろな人が来ていて、映画のワンシーンのようだ。コインランドリーを利用するこの人達はどういう生活しているんだろう。この女の子とお父さんは、なぜふたりで来ているんだろう、なんて想像しちゃう。結構楽しいね。夕日に照らされた店内に不思議な空気が流れてる。オリジナルの501を買ったので、ここで洗って思いっきり乾燥機にかけた。日本のヤツより強力だから。

全行程が終わり、ふたりで洗濯したものをたたむ。思えば今日一日は長かった。快晴なVenturaの朝から始まり、気持ちのよいサーフィン、Santa Barbara、Ventura Freeway、Torrance... そしてこうして夕食を食べている。朝一サーフィンがもう何日か前のことのようだ。無事に終わったのだと、ホッとしているひととき。明日は第2日曜日。Rose Bowl Flea Marketだ。

Snap Shots

  • Surf Trip Report
  • Surf Trip Report
  • Surf Trip Report
  • Surf Trip Report
  • Surf Trip Report
  • Surf Trip Report
  • Surf Trip Report
  • Surf Trip Report
  • Surf Trip Report
  • Surf Trip Report
  • Surf Trip Report
  • Surf Trip Report
  • Surf Trip Report
  • Surf Trip Report
  • Surf Trip Report
  • Surf Trip Report
  • Surf Trip Report
  • Surf Trip Report
  • Surf Trip Report
  • Surf Trip Report
  • Surf Trip Report
  • Surf Trip Report
  • Surf Trip Report
  • Surf Trip Report
  • Surf Trip Report
  • Surf Trip Report
  • Surf Trip Report
  • Surf Trip Report
  • Surf Trip Report
  • Surf Trip Report
  • Surf Trip Report
Glassy Menpita Website