14

GLASSY MENPITA CALIFORNIA SURF TRIP

CALIFORNIA TRIP DAY 8 : June 14 (Sun)

朝5時半起床。ふたり寝ぼけたまま、黙々とRose Bowlへ行く準備をする。歯磨きしながら、部屋のドアを開ける。22年前、カリフォルニアに初めて来た時と変わらない風景。背の高いパームツリーと青く抜けた空。スーッと透き通った空気が部屋の中に入り込み、部屋の淀んだ空気と入れ替わる。さあ、Pasadenaに向かって出っ発ぅ〜。

いつものように日曜日の早朝は、クルマが異常に少ない。下道もフリーウェイも。でもフリーウェイは怖いよ。みんなガンガン飛ばしてくるから。自分だって結構飛ばしてるのにと思い、スピードメーターを見る。120km。でもヨコを走るクルマは、ぼくたちのクルマをスーッと抜いてく。いかんいかん。いつパトカーが来て、お灸を据えられるかわからない。安全運転を心がける。

ドジャースタジムを越えると、クネクネ道が多くなり、特に注意が必要。運転に自信がなければ、一番右の車線をと言いたいところだが、右側からけっこう飛ばして合流してくるからご注意を。飛ばすなあとか思って、並走してなにげにちらっとドライバーを見ると、おばあちゃんだったり。とにかく飛ばんすんですよ、向こうの人は。

フリーウェイを下りて、Pasadenaの閑静な住宅街を過ぎ、盆地に下ってゆくとRose Bowl Stadiumが見えて来た。毎年元旦に行われるMid.WestのチャンピオンとWest Coastのチャンピオンによるカレッジフットボールの決戦場である。Early Birdなので、入場料は$20也。高け〜。でも朝早ければ早いほど、掘り出し物が見つかる確率も高い!といい聞かせながら入場料を払う。しかし日本の古着屋さんは、ぼくらよりはるかに早く来ているようで、彼らの手押し車はすでに満杯。恐るべしJapanese。

ぼくたちはお気に入りのブースを足早にチェックする。会場を2つの分断するように小川が流れており、それに架かる橋を渡ると、古着メインのエリアになる。膨大な古着をチェックするのは慣れているが、いざ手をつける前になると、今でもなぜか緊張する。手を止めずに一気に見る。迷いは禁物。そしてダブルチェック。最後に値段の交渉。ひとブース終わるごとに集中してた糸が切れ、どっと疲れる。でも古着はいい!ひとつひとつに歴史があり、どんな年月を過ごしてきたのかななんて考えたりもする。クルマ好き、バイク好き、サーファー、フットボール選手、ロックンローラーなどなどさまざまな人達とともにすごしてきたウエアにもその年月がにじみ出ている。

目をつけていたブースはとりあえず見た。あとはブラブラ歩く。こんな時にめっけ物があったりする。お腹がすいたので、BBQバーガーのお店へ。ホントに何とも言えない食欲をそそるいい匂い。今日はジャンボな自家製ソーセージの入ったホットドッグ。それにフレッシュレモネード。一個丸々のレモンをスクイーズしたこのレモネードを飲むと、ビタミンCが体内に充満して、やる気がわいてくる。これから小一時間、充実したフリーマーケット巡りができた。

途中でブランクの野村君に出会う。日本でもめったに会わないのにね。サラリーマン時代からの付き合いなので、もう25年くらいになるのかなあ。ほぼ同じ時代に会社を興し、野村君はブランクをどんどん大きくし、今では大社長。カリフォルニアTシャツをはじめ、多くのブランドのライセンスを持つ。いまでもこうしてカリフォルニアに足を運んでるとは、頭が下がる。

さあ、トリップも後半だ。収穫もあった事だし、行動あるのみ。Rose Bowlをあとにしたぼくたちは、南に下り、Costa Mesaのショッピングモールに向かう。今のカリフォルニア事情を見ておくことも大事。それと一足早いEikoさんへの誕生日プレゼントを買い求めなければ。

日曜日のSouth Coast Plazaは、おもいのほか空いていた。不況の影を垣間見た思いだ。各店舗もSale Sale Sale。人が少ない分、一軒一軒のお店をゆっくり見ることができる。おかげでいろいろとゲットできた。それからFRWY405を北上し、Carsonで下りる。旧Yaohan今はMitsuwa、に行ってみる。12年くらい前にこのモールに知人がサーフショップを構えていて、カリフォルニアに滞在中はよくたむろしたなあ。ここでDanやTaroにも初めて会ったんだ。みんなで夕方になると、店を閉めてTorrance Beachにサーフィンしにいく。でももう夕闇が迫って30分くらいしかできなくて... 帰ってくると、モールの中の居酒屋さんでワイワイ、ガヤガヤ。あの頃のみんな、どこに行ったのだろう。Dan以外は会っていない。

さしたる買い物もせず、モールをあとにする。そこから夕方のPalos Verdesをチェックしに行く。しかしフラット。サーフィンできず、KAZさんと会う約束の時間まで崖の上から海を見ながら、時間をつぶす。夕方5時にKAZさん宅にお邪魔する。写真の中のChiekoさんにもご挨拶。

KAZさんと会えば、毎回同じ話になってしまう。でも最近はKAZさんが始めたヨットの話がよく出てくる。ぼくたちが初めて今回Venturaに行ったことからはじまり、ヨットつながりで近くのSanta Barbara Harborでの最高に面白い話をKAZさんが始める。話がうまいんだよね、KAZさんは。3人で大笑い。でもあんなに好きだったBeerをKAZさんは、いまは一滴も口にしない。たまにはお付き合いいただきたいな。

辺りが暗くなったと思ったら、もう8時である。何度も言うが、今こうしてカリフォルニアで楽しめるのもKAZさんとChiekoさんのお陰。ありがとうございます。さあ、いつものWhole Foodsに行って、夕食の買い出しだ。カリフォルニアも残すところ、あと一日。明日は最後のサーフィン。さーて、どこに行こうかな〜?

GLASSY MENPITA CALIFORNIA TRIP JUNE 2009

GLASSY MENPITA CALIFORNIA SURF TRIP JUNE 2009
GLASSY MENPITA CALIFORNIA SURF TRIP JUNE 2009 snapshot
  • California Trip Snap Shot
  • California Trip Snap Shot
  • California Trip Snap Shot
  • California Trip Snap Shot
  • California Trip Snap Shot
  • California Trip Snap Shot
  • California Trip Snap Shot
  • California Trip Snap Shot
  • California Trip Snap Shot
  • California Trip Snap Shot
  • California Trip Snap Shot
  • California Trip Snap Shot
  • California Trip Snap Shot
  • California Trip Snap Shot
  • California Trip Snap Shot
  • California Trip Snap Shot
  • California Trip Snap Shot
  • California Trip Snap Shot
  • California Trip Snap Shot
  • California Trip Snap Shot
  • California Trip Snap Shot
  • California Trip Snap Shot
  • California Trip Snap Shot
  • California Trip Snap Shot