Day4 Dec.17(Mon)

朝6時に雨音で目覚める。
予想していたものの最悪のパターン。
当然下水環境の良くないカリフォルニア。
こんな時には海に入る気さえ起こらない...
ゆっくりシャワーを浴び、TVでWeather Channelに合わせる。
今日はStormyコンディションだって。
いったいどんな天気になるのか想像もつかない。
7時になるのを待って、フロントのブレックファストのドーナツとコーヒーを
取りに行く。
部屋のコーヒーメーカーはなんか汚そうで使う気になれない。
今日は11時からRainbow Sandalsのオフィスでミーティングだ。
よりによってこんな日に...
でもやっと取ったアポイントメントなので、キャンセルはできない。

朝食も済ませ、とりあえずモテルを出発。
フェヴァリットポイントの波チェックをする。

当然のことながらフェイスD、オンショア強、波のサイズ胸、サーファー0。
足早にフェヴァリットポイントを後にし、Free Way5を北上する。
それにしてもひどい雨足になってきた。

こんなコンディションでも晴れてる日と一緒のような運転をするのがCalifornian。
当然、クラッシュは至る所で見られるわけで...
この一日だけでも5件の事故を目にした。

ミーティングの前にSan ClementeのRainbow Sandalsのショップに立ち寄る。
こんな雨降りなのにひっきりなしにお客さんが入店する。
商品アイテムをチェック。

カタログラインに掲載されていないアイテムがいくつかある。
でもなんだか売れそうにないものばかり。
というかRainbow Sandalsらしくないアイテムなのだ。
あげくの果ては大学のマークがプレスされたサンダルが。


さあ、もうすぐアポを取った時間だ。
ショップからクルマで15分くらいのところにあるオフィスへ向かう。
雨は相変わらず容赦なく打ち付けてくる。
オフィスに入ると、ほどなくしてJasonが現れる。
Jasonはインターナショナルの顧客担当だ。

まずはサーフィンの話から。
そして日本の現状報告、来期の展望、ヘッズからのリクエスト、広告に関して、
Rainbow Sandalsからヘッズへの要望等々。
細かい部分まで話は及ぶ。
来期に向かって、ちょっといい話もあったが、ここではまだ公表できない。
お楽しみに。
約1時間半ほどだったが、有意義なミーティングが持てた。
彼らはこうしてはるばる日本から来たぼく達を快く迎えてくれて、
ビッグビジネスではないけれど、ヘッズとの取引を大切に考えてくれている。
サーファーマインドも感じ取ってくれているし、
とてもいい関係を築いていると思っている。
インターネットが普及したといっても、ビジネスは人間のやること。
じかに会ってコミュニケーションすることがいかに大事か身にしみてわかる。
Jasonとは2010年の再会を約束してオフィスをあとにする。
ミーティングルームまでの廊下には、今までSurfer誌に掲載したRainbow Sandalsの広告が
ずらーっと飾られていた。
まさに歴史を感じる場所だ。


オフィスから外に出ると、やはり雨は降っていた。

こんなことではめげてはいけない。
さあどこに行こうか。
まずはSan Clementeのロングボード満載のサーフショップ。
ここに行けば、今のサーフボードのトレンドがわかる。
近くのCVSの駐車場にクルマを停めて、雨を避けるように足早にお店に入る。
クロージングの一部がセールのようだ。
ひとまず大量にあるサーフボードをくまなくチェック。
ミニ・シモンズタイプのボードが多い。
ロングボードはナローノーズのクラシックなもの。Pig系。
でもデザインはカラフルでいまどき。
これを見ると、ロングボードのターゲットがけっして中年層でないことがわかる。
カリフォルニアの海に行けばわかるが、ロングボード操るサーファーは若者が多い。
日本の海との違いはこれ。
あのハデなデザインのロングを上手い若者が操る様はかっこいい。
日本では見る機会が少ない場面だ。
そんな事を思いながら、セール品のGerry LopezさんのフォトプリントTeeをゲットして、
お店をあとにする。

お腹がすいたのと、ここまで北上したのだからCarlsbadのアウトレットに行くことにする。
道路にはパームツリーから剥がれた木皮がいっぱい散乱している。
風と雨で剥がされたのだ。
アウトレットに到着すると、雨は小振りになった。
しかし風はビンビン吹いている。
まずはPanda Expressで腹ごしらえ。
それからお店巡り。
相変わらず中国人の買いっぷりは凄まじかった。
金持ちなのかな。

すでに夕方4時だ。
モテルに戻ろう。
Free Way5を南下して、La Jolla Villege Dr.で下りる。
そしてLa Jolla Shoresの全景が見れるLa Jolla Shores Dr.を選択。
くねくねした道を下りていくと、夕焼けのビーチが見えてきた。
きれいだね。

でも海のコンディションは白波三人男...
気になるフェヴァリットポイントもチェック。

やはりサーフィンできるコンディションではない。
モテルに戻ることにする。

今夜はDanとRochelleと4人でDinner。
レストランということで、ちょっと身だしなみをととのえる。
Californiaに行くときは、エリ付きのシャツを1枚でいいから用意しよう。
カジュアルなお店ならいいが、ちょっとしたレストランに誘われた時、
ヨレヨレのTシャツではヤバイです。
TPO相応な身なりが必要だと思いますよ。
TVを観ていると、Golf ChannelにFred Couplesが。
Californiaでゴルフを始めた頃の人気者Freddie。同年代。Davis Lovelllも好き。


7時前にDanが迎えにきてくれた。
向かうはMission Beachの美味しいシーフードレストラン。

このふたりには日本で10月に会った。
その時は台風が来ていて雨降りの日が多くてかわいそうだったんだ。
特にRochelleは初来日だったのに...
そして今度はぼくらがこんな天候に見舞われた。
そんな話で盛り上がり、終始笑い声の絶えないテーブル。

結局、Danがごちそうしてくれた。
ありがとう、Dan。
帰り道、なんと大通りのMission Beach Blvd.が冠水で閉鎖!

なんとも素晴らしい体験をした一日でした。
Glassy Menpita Website