Day3 Dec.06(Sun)

7時起床。
フェヴァリットポイントへ。
潮が多く、またうねりも弱く...
でもサーフィンは出来そうだ。

いきなりEikoさんが「スペアキーがあるじゃん!」
と叫ぶ。
見ると、電子キーの頭に金属のスペアキーが収納させていたのだ。

これをMaster Lockに入れて、クルマのどこかにロックしておけば安全。
さあLet's Surf !
いざ入ってみると、なかなか面白い。
腰腹サイズはあるので、楽しめる。
SUPPERが4人。SUPPERとはStand Up Paddle Boarderの略。
そのなかにMitchさんも。ぼくらのことをすぐわかってくれて、挨拶してくれる。
4人とも年配(失礼な)なのに、うまいんだよね。
しかもうまくサイクルを作ってくれて、ぼくらにも波を回してくれる。
ぼくらが乗ると、ヒュ〜ヒュ〜言ってくれるし。
2時間ほどして先にぼくが海から上がる。
シャワーを浴びて、クルマに戻る。
さきほど一緒にサーフィンしていたMitchさんが「うまいじゃん!」みたいなことを
言ってくれた。
お世辞でもうれしいものである。
Master Lockからスペアキーを取り出し、ドアの鍵穴にスペアキーを差し込み、ドアを開けた。

その瞬間、けたたましく警告音が鳴り響いた!

何がなんだかわからないぼくは、ドアを閉めたり、またロックしてみたり...
電子キーを探すが、Eikoさんがどこかに隠してくれたみたいで、どこにあるかわからない。
となりのオヤジは呆れたように「Stop it !!」と言って怒ってるし。
そうこうしてるうちにEikoさんが上がってきた。
「電子キーはどこ?」
そして電子キーとスペアキーを合体させ、エンジンをかけたら、
やっとけたたましい警告音が止まってくれた。
その間約5分。
日曜日の静寂をぶちこわしてしまった。
周りの人達はきっと、ぼくが車上荒らしだと思ったかな。
いやーとにかくビビりました。
とりあえずモテルの部屋に帰り、再度シャワーを浴びて外出の準備をする。
今日はショッピングモール&古着屋巡り。
Ocean Beach方面を目指す。
Free way5を南下し、Free Way8をWest。
と思ったらEastに行っちゃってる。
このジャンクション、いつも間違えるだよね。
戻るのも面倒なので、このままダウンタウン方面に向かう。
Eikoさんが事前に調べておいてくれた古着屋を目指す。
が、なかなかお目当てのお店が見つからない。
こうなると、車内は険悪な雰囲気に。
「ちゃんと地図見てんのかよ!」
「見てるけどさ、わかんなくなっちゃうの!」
しょうがないので、クルマを駐車して歩く。
途中オーガニックなスーパーマーケットに立ち寄ったり。

あった、あった!でもオープンの時間前で閉まってる...
まだ1時間以上あるので、断念。

ええい、こうなったらショッピングモールだ〜い。
ここもEikoさんが事前に調べておいた初めて行くところ。
ここはすんなり見つかった。

でもショッピングモールってだいたい入っているお店が一緒。
そのなかでも初めて見るお店もある。
特に雑貨屋さんが面白い。

途中パラパラと雨が降る。
気が滅入る...
LunchはFood Mallでブリトーを。

そして次はla Jollaの山側にあるショッピングモール。
Eikoさんが何を勘違いしたのか、事前の下調べではOUTLETと言っていたのだが、
着いてみると、ふつーのショッピングモール。
しかも出店しているお店は、先ほど行ったモールとほとんど変わらない。
ふたりで苦笑。

でもこちらのApple Shopでは、陳列されているサンプルのコンピュータが
インターネット接続されていて、メールをチェックすることができた。
それと狙っていたベーカーリーのお店があって、
そのお店の名物のクラムチャウダーを買うことができた。
ずいぶん辺りも夕闇に包まれてきた。
さあTrader Joe'sとRalphsに寄って、夕食の買い出しだ。

ちょっと空回りな日曜日、だったかな?
Glassy Menpita Website